地熱を利用した一戸建て

新築で一戸建て注文住宅をこれから建築する場合、住宅を建築する費用が多額にかかるので、支出をできるだけ減らすために住宅設備をグレードをさげたり、日常生活で必要最小限に抑えてしまう場合があります。
このような努力によって住宅購入に関わる費用としては少額で収めることができますが、購入時に関わる費用よりも建築したその一戸建て住宅で生活していく費用の方がトータル的には高くつく場合が多いです。

安心できるマンション 中野区に関するお悩み解決にはこちらです。

その支出例として固定費である電気代や灯油やガスといった燃料費があります。電気代や燃料費が平均してひと月あたり2万円であれば、30年間生活すると720万円もの支出になります。

一戸建て建築した時に予算を追加してエコ設備を導入することで固定費がゼロに近づけば、トータル的に支出額は抑えることが可能です。その方法として近年注目されているのが地熱を利用した冷暖房です。住宅の地下は年間を通して18度程度に保たれており、夏涼しく冬暖かい環境にあります。


夏場には地熱から冷気を取り出してクーラー代わりにすることで電気代を大幅に削減し、冬場には地熱から暖気を取り出すことで電気代や灯油代の暖房費用を削減できます。またエコキュートなどのヒートポンプ室外機を地下に設置すると冬には屋外に設置するよりも少ないエネルギーでお湯をこのエネルギーを沸かすことが可能です。
地熱を上手に住宅に使用することで冷暖房に使用するエネルギーを大幅に削減することが可能です。